tt-10.jpg


tt2-24.gif

●春の濁り潮になり、棚100m台に高級深海魚類が回遊してきます。この釣りの魅力は、本命メダイの他、スペシャルゲストにキンメダイ・スミヤキ(クロシビカマス)・クロムツ・大アジ等の高級魚が揃う高級五目釣りです。

●釣り方は至ってシンプルで、棚さえ合っていればビギナーの方でも手軽に釣れる釣りです。

●竿は、ビシ80号をしょえる竿なら何でも代用できます。(本ガツオ、ワラサ、マダイ、オニカサゴ、ビシアジ等)リールは、道糸3〜6号を300m巻ける中型電動リールなら何でもOK!勿論、手巻きリールでも大丈夫ですよ。棚は水面からビシまでの上からの指示棚で釣ります。リールのカウンターでは正確さに欠けるので、道糸の色でしっかり棚をとることが重要です。

●仕掛けですが、ハリスを見る魚ではないので、5〜8号3〜4m・1〜2本針をオススメします。針は小さいとバレやすいので、グレ・ヒラマサ針14号前後をオススメします。あと、ムツ針(ヒネリなし)の16、17号もオススメです。

●エサは、サバの切り身は用意しておりますが、その他にホタルイカ・サンマ・イカの短冊等を持参するのもよいでしょう。

●この釣りのターゲットは、動いてるものに反応するので、手持ちでエサをアピールするような誘いが重要です。

●メダイは引きも強く、食べて大変美味で、釣りとして大変おもしろい魚です。ゲストも多彩で何が食ってくるかわからい楽しさもこの釣りの魅了です。

潮が濁ってるときがチャンスですので、釣れ出したらお早めの釣行をオススメします!



tt2-09.gif

●ビシは、サニーちびライトの30号が絶対のオススメ!理由は、ビシが細めで落下時の抵抗が少なく、ライトウィリーには最適だからです。

ad2.jpg

●基本、コマセの撒きすぎは禁物!少量のコマセで魚を食わせるイメージを持ってくださいね。

●この釣りおもしろいとこは、座席に関係せずシャクりで釣果が決まるってとこかな。シャクりがこの釣りで一番重要です!50〜60cmの幅で竿をシャープにシャクるのが基本。

●かごの中に入れるコマセは目一杯入れずに7〜8分程度にゆとりを持たせて入れることを心がけましょう。

●仕掛けの一番下の針にはオキアミを使用しますが、このオキアミの刺し方が非常に大事!わからないお客様は遠慮せずに船長に聞いてね。釣果を左右する大事なことだから!

●リールの道糸はPE2号がオススメです。それ以下の細い道糸でもOKだけど、根掛かりのときに道糸から切れるときがあるよ!カワハギで使ってるリールでOKです。

●ライトウィリーにただならぬこだわりを持った当店ならではの、季節の魚種にマッチしたウィリー仕掛けをお店にて販売してます。仕掛けに迷ったときはコレで決まり!

ad3.jpg
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。